ZTE Blade V580 特徴

発売開始日;2016年3月28日
価格:27,800円(税別)

ZTE Blade V580 ZTE Blade V580

 

 

 

ZTE Blade V580の特徴として、ハイレゾやおサイフケータイなどの付加機能は少ないものの、シンプルにして使いやすさにこだわったスマートフォン。メモリ2GBやオクタコア搭載ということで、スペック的には高級機にも全く引けをとらない万能機。あまり聞き慣れないメーカー名のZTEかもしれませんが、携帯端末を世界規模で提供している企業です。

ZTE Blade V580は、オクタコア搭載機の中では、現在販売されているスマートフォンの中で最安値という破格のコストパフォーマンスをもったスマートフォンです(2016年8月1日現在)。

 

とても残念なことに、MVNOでセット販売している端末ではないので、購入したい人は、アマゾンか楽天で購入するのがよいでしょう。

 

ZTE Blade V580 アマゾン ZTE Blade V580 楽天

 

 

ZTE Blade V580の動作確認がとれているSIM→IIJmio

 

ZTE Blade V580 スペック

 

CPU オクタコア 1.3GHz
OS Android5.1
サイズ(W*H*D) 77.2×155.3×8.55mm
重さ 約165g
バッテリー 3000mAh、連続待受時間約600時間、連絡通話時間約30時間
RAM 2GB
ROM 16GB
カメラ アウトカメラ:1300万画素、インカメラ:500万画素
ディスプレイ 1080×1920ドット(フルHD)
カラー シルバー、グレー
無線LAN通信規格 IEEE 802.11 b/g/n


現在、スマートフォンがサクサク動くスペックの目安として、CPUは4コア以上、メモリは2GB以上を目安としてください。

 

5.5インチのフルHDディスプレイ

端末は大きめのほうがいいという人は、ZTE Blade V580の5,5インチの大画面はまさにうってつけ!

 

洗練されたメタリックボディ

スマホが届いた時を想像してみてください。箱を開けた瞬間に、ついに届いた!と思える端末なのか、「・・・意外にショボいかも」と思えるかって大切なポイントですよね。
高級感漂うメタリックボディには、

ZTE Blade V580 ケース

SIMフリー機種のアクセサリは、家電量販店で販売している種類も量も少ないので、なかなかお目当てのケースも見つかりません。アマゾンや楽天などの通販から購入するのが一番です。

 

アマゾンでZTE Blade V580ケースを購入する

 

楽天でZTE Blade V580ケースを購入する

関連ページ

Xperia J1 Compact
SONYのXperia J1 Compactについて発売日、特徴、スペック、ケースなどを紹介しています。
arrows M02
富士通の国産SIMフリー端末arrows M02の発売日、スペック、特徴、ケースについて紹介しています。
iPhone7
アップルの人気スマートフォンiPhone7の発売日、スペック、特徴、ケースについて紹介しています。
Moto G4 PLUS
モトローラのG4 PLUSは、待望のデュアルSIM対応スマホ!キャリアの無料通話プラン+格安SIMのデータ通信を組み合わせて最強のスマホにしよう!
ZenFone3
ASUSのZenfone3は、SIMフリーの定番機種になるのか?