格安SIMを使うなら、アプリの更新に注意!

スマートフォンのアプリって、便利ですよね。私の場合は、メモ帳やマインドマップ、ゲームアプリで遊んでいます。
格安SIMを使う上で、ぜひ押さえておきたいのが、アプリの自動更新機能です。

 

スマホにインストールされたアプリは、自動更新がONの状態になっていると、最新版を自動でアップデートしてくれる便利な機能です。基本的に新しいバージョンのアプリは、不具合が解消されているため、使っていてカクカクした動きになったり、アプリそのものがすぐに落ちてしまうといったことを防ぐことができます。

 

しかし、本来アップデートしなくてもいいようなアプリまでアップデートされてしまいます。データ通信容量が少ないプランで契約している場合や、いつも契約容量ギリギリまで使ってしまう人は、アプリの自動更新をWi-Fi接続時だけ許可するようにして、モバイル通信時には、アップデートしないような設定をしてみましょう。

 

iPhoneで設定する方法

 

「設定」→「iTunes&App Store」

 

自動ダウンロードの「アップデート」をオンにします。このとき、その下にある「モバイルデータ通信」はオフにします。

 

この設定をすることで、Wi-Fi環境のみでアプリのアップデートを行うことができます。
常に最新バージョンのアプリを使えるので、大量のアプリを使っている人は、ぜひ試してみてください!

 

iPadやiPhoneを使っていると、iOSの更新で端末自体が動かなくなった経験をお持ちの人も多いと思います。私が使っていたiPad miniも、iOS10へのアップデートでなぜか端末がまったく動かなくなってしまいました。周りの友人に尋ねていくと、iOSのアップデートで端末がフリーズしてしまうのは、回線の通信速度に問題があるようです(iPad用に使用していたのは、YmobileのポケットWi-Fiだったので、そこまで通信速度が遅かったとは思えませんが・・・)。
自宅に光回線のWi-Fi環境を設定している人であれば、自宅のWi-Fi環境を利用する、もしくは通信環境がある一定速度をキープできるような場所でアップデートすることをおすすめします。
私の友人は、ケータイショップまでiPhoneを持ち込み、そのショップ内のWi-Fi環境を利用してアップデートに成功できたそうです。

 

androidで設定する方法

 

GooglePlayストアを起動し、画面左上のメニューボタンをタップしましょう。

 

Playストアのメニュー画面が表示されたら、「設定」をタップします。

 

次に、「アプリの自動更新」をタップします。

 

「Wi-Fi接続時のみアプリを自動更新する」にチェックを付けると、Wi-Fi接続時のみ自動で更新されるようになります。

 

同じようにして、「アプリを自動更新しない」にチェックを入れれば、手動で更新するようになります。

 

格安スマホに乗り換えてから、私はこうした情報を知るようになりました。端末が変わったり、契約している通信会社が変わると、いろいろと調べるようになります。格安SIMを使っている人だけでなく、データ通信の容量を少しでも減らしたいと思うキャリアのユーザーさんにも当てはまる内容です。
どちらかの方法を設定して、データ容量を節約しておくことをお忘れずに。

関連ページ

HLR/HSS接続ってなに?
スマホのデータ通信についての情報をまとめています。