スマホでパスワードを管理するのはすっごく大変!

メール、Twitter、アマゾン、楽天、フェイスブック、LINEなど、現在の私たちの生活になくてはならないほど一般的になったWEBサービスの数々。

 

こうしたWEBサービスのログイン情報って一つ一つ個別に設定するほうが、セキュリティ面で有効だと思っていても、なかなかそうはいきません。
そのうえ、スマホ上でログイン情報を入力するのはものすごく大変で、特に自分のメールアドレスをログインIDとして使用しているサービスは、やたらめったら大変ですよね。

 

パスワードの使い回しは危険だとわかっていても、セキュリティは万全を喫したい!そんな人には、パスワードアプリが一番です。

パスワードアプリの特徴

パスワードアプリの特徴です。

iPhone、Android、Windows、Macでパスワードを同期できる

デバイスが違ったとしても、アカウント情報を同期できるのがパスワードアプリの便利な点です。パソコンで設定したログイン情報をスマホから、スマホで設定したアカウント情報をパソコンに動機することで、外出先でパスワードを忘れて思い出せないと言うこともありません。さらに、Apple製品とWindows製品の両方を使っている人も、同期させることができます。

 

安全性の高いパスワードを乱数で出してくれる

セキュリティが高いパスワードというのは、桁数と大文字小文字のアルファベット、数字、記号を組み合わせることができます。乱数表示のパスワードは、一つだけ覚えておくことすら難しいですよね。パスワードアプリを使用することで、メモをとったり、ログイン情報をエクセルに記録する手間がなくなります。

クレジットカード情報の入力も楽ちん!

パスワードアプリは、クレジットカード情報も管理できます。カード番号を覚えておくことが面倒でも、登録しておいたカード情報を呼び出すことが出来ます。
カードを複数持ってる人には特に、おすすめです。

ユーザーIDとパスワードは、アプリが自動で入力してくれる

Webサービスのログインページを開くことで、そのサービスのIDとパスワードを自動で呼び出してくれます。

パスワードを守るためのマスターパスワードも指紋認証でさらに頑強に!

パスワードアプリは、ユーザーのサイトごとのアカウント情報を、マスターパスワードによって暗号化しています。パスワードアプリを使うとき、マスターパスワードだけは覚えておなければいけません。
マスターパスワードを覚えておくことは厄介だと感じる人でも、最近のパスワードアプリには、指紋認証でマスターパスワードを解除できるアプリが増えています。指を触れるだけで、安全にパスワードを解除できるので、指紋認証に対応したスマホを持っている人は、ぜひご検討ください!

 

クラウドにパスワードを預けたら危険?

パスワードアプリは、クラウド上のサーバーにユーザーのパスワード情報を記録するタイプがほとんどです。このため、データのハッキングに対して流出の危険性は少なからずあります。
実際に、クラウド型の「LastPass」は、2015年6月にハッキングされたことがあります。

 

しかし、登録ユーザーが預けた暗号化されたパスワードや暗号を解くためのマスターパスワード自体は流出していません。つまりハッキングはしてみたけれど、有益な情報を盗み出すことができなかった、ということです。ハッキングしたハッカーが手にできたのは、単なる文字情報の羅列だけで、それだけではなにもできない、というわけです。
それでも、不安な人は、クラウド型のパスワードアプリではなく、自分のパソコン内に情報を保存できるローカル型のアプリを試してみるといいでしょう。

 

パスワードアプリの比較

 

商品名
ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文ここに説明文
価格 容量 評価
○○○円 △△△ml 格安スマホ,アプリ,最新
価格 容量 評価
○○○円 △△△ml 格安スマホ,アプリ,最新
価格 容量 評価
○○○円 △△△ml 格安スマホ,アプリ,最新